水俣協立病院では、内科・消化器・呼吸器・循環器・神経内科・禁煙外来などを専門としています。

神経内科リハビリテーション 協立クリニック

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • リンク集
tel:0966-63-1704

病院について

臨床指標

2017年度水俣協立病院臨床指標(地域包括病棟60床)

●2017年度年間平均

病床利用率 89.8%
延べ入院患者数 19,666名
新入院数 811名
退院数 816名
平均在院日数 22.6日
在宅復帰率 90.7%
転倒転落率 3.56パーミル
褥瘡発生率 0.36%

●年齢構成:2017年度退院患者

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~ 100~
患者数 0 2 1 12 6 44 130 179 286 148 8

●特徴

60歳以上の患者さんの占める割合:92%

80歳以上の患者さんの占める割合:54.1%

平均年齢:78.2歳

高齢者の入院が多くを占めている。死亡による退院:31件 他医療機関への転院:41件

転倒・転落は排泄行動に伴ったものが多くなっている。

褥瘡発生率は0.36%。院内での発生は5件、スキンケアチームの回診行っている。


40歳以下では睡眠時無呼吸症候群や不安障害などの入院が多かった。

50代では肺炎、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群による入院が多かった。

60代では肺炎、大腸ポリープ、糖尿病による入院が多かった。

70代では肺炎、誤嚥性肺炎、糖尿病、高血圧、大腸ポリープによる入院が多かった。

80代以上では肺炎、誤嚥性肺炎、心不全、高血圧症などによる入院が多かった。


●退院統計(2017年度)

疾病分類 疾病分類
感染症及び寄生虫症 A00~B99 18
新生物 C00~D48 16
血液及び造血疾患並びに免疫機構の障害 D50~D89 8
内分泌・栄養及び代謝疾患精神及び行動の障害 E00~E90 120
精神及び行動の障害(精神疾患) F00~F99 31
神経系の疾患 G00~G99 76
眼及び付属器官の疾患 H00~H59 0
耳及び乳様突起の疾患 H60~H95 14
循環器系疾患 I00~I99 114
呼吸器系の疾患 J00~J99 152
消化器系の疾患 K00~K93 103
皮膚及び皮下組織の疾患 L00~L99 12
筋骨格系及び結合組織の疾患 M00~M99 67
尿路性器系の疾患 N00~N99 52
症状・兆候及び異常臨床所見・異常検査所見でほかに分類されないもの R00~R99 0
損傷・中毒及びその他の外因の影響 S00~T98 33

※分類の詳細は下記参照



●疾患ごとの平均在院日数 2017年度

件数 平均在院日数 平均年齢
誤嚥性肺炎 14 28.4 80.9
細菌性肺炎・急性気管支炎など 70 26.8 80.7
高血圧 49 23 78.8
糖尿病 36 25.4 69.9
心不全 34 27.9 86.1


紹介率・逆紹介率計算式

2016年度(4月~3月)
紹介患者数(初診に限る) 8.7 104
初診患者数(初診料算定患者) 97.6 1171
地方公共団体又は医療機関に所属する救急自動車により搬入された患者の数 7.3 88
休日又は夜間※に受診した救急患者の数 1.8 21
健康診断を目的とする受診により、治療の必要性を認めて治療を開始した患者の数(初診に限る) 5.3 63
逆紹介患者数(診療情報提供料算定患者数) 43.3 520

●式1 【紹介率】



●式2 【逆紹介率】



※「休日」とは、日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)
第三条に規定する休日、一月二日及び三日並びに十二月二十九日、三十日及び三十一日をいい、「夜間」とは、午後六時から翌日の午前八時まで(土曜日の場合は、正午以降)をいう。



紹介率10.41%

逆紹介率52.05%

  • 当院からの紹介
    2015年度102件 → 2016年度104件
  • 他院からの逆紹介
    (外来)2015年度478件 → 2016年度520件
    (入院)2015年度219件 → 2016年度212件
  • 他院からの報告書等
    (外来)2015年度697件 → 2016年度715件
    (入院)2015年度80件 →  2016年度92件
  • 当院からの療養型への転院数
    2015年度46件 → 2016年度35件

※2015年度と2016年度の他院からの紹介数を比較すると2件増加しているが、連携機関数(40件)は例年変わらず。当院への紹介においては、訪問診療、転院紹介、検査紹介(肺炎、SAS)、休息入院目的があげられる。
当院からの逆紹介についての比較は42件増えてはいるが、紹介数は横ばいであるため、他院からの報告を除いたとしても、20件程、高度医療機関、療養型、介護施設等へうごいていると考えられる。

ページの上部へ